Afterschool / 小学生クラス

Afterschool

アフタースクール (小学生クラス)
小学2年生~ 対象2.5時間クラス

当校のキンダースクールクラスを受講されたお子様や、既に英語学習経験があり、
一定の英語力を持つお子様向きのクラスです。小学校から下校後の時間を有意義に使えるプログラムで、自ら考える力、進んで学ぶ力、実践的な英語力を身につけます。  

キンダースクールで学んだ知識を使って「一人で単語や文章を読み理解する。」事を目標とし、個別のレベルアップを図ります。

先生からのいろいろな質問に答えたり、反対に先生やお友達に質問をしたりする中で、
英語をインプットするだけでなく、自分で考えて自分の言葉で英語をアウトプットする会話の練習を
多く取り入れて自己について述べる実践的な英語力を身につけます。

毎回のレッスンで、単語やフレーズを覚えて、知識を蓄えていくだけではなく、
その単語やフレーズをどのように使うか考え、自分で言葉にできることを目標としています。

英語スキルが十分にある生徒さんが多く在籍するアフタースクールは、競い合ったり
協力しあうことにより、お互いに刺激しながら各自のレベルにあったゴールを目指します。

アフタースクールの特徴
1
多角的に英語に触れReading力とSpelling力を身につける

キンダースクールで繰り返し練習してきたフォニックス(Phonics)を使って、単語を読む練習や、先生の言う単語を聞いてフォニックスを当てはめて単語のスペルに直す練習(Dictation)をします。
この練習によって、初めて遭遇する単語でも読み書きできる力が身につきます。
Readingタイムでは、発音の細かいところも含め先生にチェックしてもらい、本の難易度を
徐々に上げながら、読む力を身に付けます。

2
自己について述べる力や自分の考えを発信する英語力を身につける

毎回の授業では、自己紹介をしたり、興味や関心のある事柄を自分の言葉で発表(Speech)する練習をしたり、先生が投げかける質問に対して答えたり、それを使って今度は友達に質問することで自己について述べる力や、コミュニケーション力を身につけていきます。英語力も大切ですが、その基礎となるコミュニケーション力を鍛えます。

3
オリジナル教材を使った英語練習や文法学

当校のオリジナル教材で日本語には無い、英語独特の音をマスターし、正しい英語発音に近づけます。
ネイティブ講師と共にフレーズや単語を増やす練習を行います。中学レベルの文法にも取り組みます。

4
スナックタイム・グループゲーム&アクティビティ

遊び盛りの小学生には2時間半ずっと学習は少々きついので、
小学校から直接来るお子さんも多く、お腹の空く時間にあたることを考慮し、
スナックタイムを設け、夕飯に響かない程度のおやつと麦茶で途中休憩します。
集中力を持続させるために、適度にグループゲームや楽しいアクティビティを
取り入れてメリハリをつけた内容で学習をすすめます。

Advanced Afterschool
小学生クラス:アフタースクールと英会話クラスの共通点

小5小6英語教科化、中学・高校授業英語化に備える!

英語でのコミュニケーション力をつけるための工夫を多く取り入れています。

どちらのクラスも先生から投げかけられる様々な質問に英語で答えたり、子供たち自身で質問を考え、知識をアウトプットします。

第二外国語としての英語を使って自信をもってコミュニケーションできるようにすること、そしてネイティブスピーカーとスムーズに話ができるレベルを目指します。

小学生クラス:アフタースクールお勧めの理由

初めに、英語学習がほぼ初めての小学1、2年生は、まずは当校のキンダースクールを受講してください。キンダースクールでは、英語の「読む・書く・聞く・話す」の4技能の基礎を学ぶので、そこでしっかり基礎を学んでからアフタースクールまたは、英会話クラスの受講をお勧めします。

当校当校のキンダースクール受講者や英語学習経験者は、アフタースクールクラ受講をお勧めしております。アフタースクールをお勧めするその理由は…

1

アフタースクールクラスはキンダースクールで学んだ英語の「読む・書く・聞く・話す」の4技能の基礎力をさらに伸ばします。キンダースクールで少しずつ学んだリーディングや発話、書き取りなどの基礎力を使って、さらに自信をもって先生に頼ることなく英語でコミュニケーションできるためのトレーニングを多く取り入れ、中学生レベルの英語力を身につけます。

2

アフタースクールクラスは学童を兼ねて2時間半英語に触れられる。働くママもお迎えに来られる方が多いようです。

3

英会話クラスは45分(プライベ―ト・セミプライベート)、55分(グループ)の短時間クラスのため、できることが限られる一方、アフタースクールクラスでは、2時間半の中で、英語での投げかけやそれに対する返答を毎週繰り返すことで、語学の勘を磨きながら身に付けていきます。毎週アルファベットやフォニックスの学習が丁寧にでき、単語を読む練習を個別に進めたり、耳で聞いた単語の書き取り練習もします。
また、クラス内のさまざまな場面での要求なども英語で発言できるように訓練します。

4

アフタースクールクラスでは、ゲームやサイエンス、ソーシャルスタディの時間を通じて、お互いを認め合い、協力すること・色々な意見を尊重することでクラスメイトたちから学びます。
(これらはクリエイティブカリキュラムの目指すゴールでもあり、小学生たちに求められる大事な社会性です)。

特に(3)のような力は、テキストの単元を追うものではないために親御様が成果を確認しにくい部分ではありますが、
繰り返しの中で自然に身に付けた発話力・瞬発力・積極性を土台に持った上で、
英会話クラスにステップアップする方が、その後の伸びが違う、というネイティブ講師の率直な意見でもあります。

一番避けたいのは、キンダースクールから英会話クラスへ移動した際、ギャップを感じてしまって、
お子様が「英語に苦手意識を持ち、嫌いになってしまうこと」です。
もし余裕がおありでしたら、アフタースクールクラスを週に1回、力試しに
英会話クラスを追加で週に1回通うのはとてもおススメな方法です。

以上の理由から、小学校生活がスタートして「学習する」ということに慣れ、さまざまなシチュエーションで
多角的に英語に触れられるアフタースクールクラスで、リーディングや発話、書き取りなどの基本力を身に付け、
自信を持ってから英会話クラスへステップアップすることをお勧めいたします。

お問い合わせ